社会保険労務士・FPがご提供する年金に関する各種情報です

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

topics - 遺族年金

孫にも遺族厚生年金が支給されるか

遺族厚生年金を受給できる遺族の範囲は「★妻 ★子、(18歳到達年度の年度末を経過していない者または20歳未満で障害年金の障害等級1・2級の者) ★55歳以上の夫、父母、祖父母(60歳から支給) となっています。
 これだけを見ると受給できると思われるかもしれませんが、死亡した者によって生計を維持されていたことが条件となるため、必ずしも支給されるとは限りません。例えば、いくら祖父母が孫に物を買ってやったり、孫名義の貯金をしていたとしても、父母と健全な生活を営んでいる場合は支給されません。父母により生計が維持されているからです。支給されるケースは
  1. 両親が死亡し、祖父母がその収入により生計を維持しているとき
  2. 両親と子が別居し、子に対して送金せず、祖父母がその収入により生計を維持しているとき
  3. 両親が障害等の理由により収入が少なく、祖父母がその収入により生計を維持しているとき
となります。容易に支給されるわけではありませんので注意してください。