社会保険労務士・FPがご提供する年金に関する各種情報です

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

障害年金【制度・請求編】

1.はじめに


 障害年金については、次のようなことがあるため、請求には困難が伴うことがあります。  まずはしくみをしっかり理解することが大切となります。
 初診日を確定することが難しいケースや、診断書に納得のいく記載がされないケース、年金事務所や病院での手続きをすることが困難である場合などは、社会保険労務士に依頼するのも方法の1つです。

2.支給となるための条件


 次の条件を満たした場合に支給決定となります。
  1. 障がいの状態が基準を満たしていること。
  2. 保険料の納付要件を満たしていること。
  3. 初診日が確認できること
Aについて
 国民年金なら1・2級、厚生年金なら1〜3級(障害手当金もありますが、該当するケースは少ないです)に該当することが必要です。具体的な等級の基準は「障害年金認定基準」によります。

Bについて
 障がいの状態が認定基準を満たしていても、保険料納付要件を満たしていなければ不支給となります。未納が多い場合などは障害年金はもらえません。

Cについて
 障害年金の請求においては、初診日の確認が重要となります。請求できる制度も初診日により決まりますし、納付要件も初診日で確認、障害認定日も初診日で決まるなど、非常に重要な事項となっています。通常は「受診状況等証明書」等により初診日を確認しますが、病院にカルテ等の資料が残っていない場合など、最終的に初診の判断が難しい場合には不支給となる可能性も多くあります。


3.障害年金請求のポイント