社会保険労務士・FPがご提供する年金に関する各種情報です

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

その他の給付

脱退一時金

制度の概要

 外国人が自分の国に帰る場合において、年金加入期間が短く、年金を受けられない場合に一時金として精算されます。帰国後2年以内に請求できます。国民年金に加入中で自国に帰る場合は、お住まいの市町村で国民年金の資格喪失の手続きをしておきましょう。加入中であると支給処理ができないため、入金されるのが遅くなってしまいます。

支給要件

  1. 6ヶ月以上の納付期間があること。
  2. 最後の資格喪失から2年以内に請求していること。
  3. 海外に出国していること。
  4. 障害基礎年金等の受給権を有したことがないこと。


厚生年金の具体的な計算例

 平均標準報酬額に乗率をかけることにより計算できます。

 【具体例】
  ・平均給与額180,000円
  ・36ヶ月以上の厚生年金期間
  ・最終月は平成25年1月

  この場合 

  180,000円(平均標準報酬額) × 3.0(乗率) = 540,000円
  

  で計算されます。

 平均給与には再評価率は影響しないため、標準報酬月額と賞与額がそのまま使えます。

 乗率は、請求書に記載されています。

 
短期在留外国人の脱退一時金 (日本年金機構)
脱退一時金請求書(英語/日本語)