社会保険労務士・FPがご提供する年金に関する各種情報です

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

離婚時の年金分割について

離婚分割制度

制度の概要

年金分割制度には、2種類があります。

合意分割

 平成19年4月からスタートしています。
 婚姻期間中のお互いに加入していた厚生年金について、2分の1を上限として分割をする制度です。合意分割の名称のとおり、原則としてお互いの同意により分割割合が決まります。同意ができなければ家庭裁判所の決定によります。ほとんどのケースにおいて2分の1づつ(50%)の分割割合となっています。
 分割の対象は婚姻期間であり、平成19年4月以前の期間も分割対象となります。 離婚後2年以内に請求が必要です。
  家庭裁判所に申し立てを行う場合には必ず「情報提供通知書」が必要となりますので、年金事務所に「年金分割のための情報提供請求書」を提出します。

3号分割

 平成20年4月からスタートしています。
 お互いの同意がなくても、請求により分割可能となっており、配偶者の厚生年金保険料の納付記録を2分の1に分割するものです。ただし平成20年4月以降の第3号被保険者期間のみが分割可能となっていて、離婚後2年以内に請求が必要です。