社会保険労務士・FPがご提供する年金に関する各種情報です

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

遺族年金について

寡婦年金

制度の概要

概要

 寡婦年金は、国民年金第1号披保険者としての保険料納付済期間または保険料免除期間が25年以上ある夫が死亡した場合に、10年以上婚姻関係のあった妻に60歳から65歳まで支給される年金です。

受給要件

 死亡した人について、国民年金の第1号披保険者として保険料納付済期間と保険料免除期間が25年(300月)以上あって、生計維持されていた妻(内縁関係を含む)との婚姻関係が10年以上継続していたときに支給されます。生計維持の要件は、遺族年金と同様となります。
 ただし、死亡した夫が障害基礎年金や老齢基礎年金の支給を受けていたときは、寡婦年金は支給されません。また、夫が死亡した当時に、妻が老齢基礎年金の繰上げ支給を受けているときも寡婦年金は支給されません。

受給権の消滅

 次の場合に受給権が消滅します。
  1. 死亡したとき
  2. 婚姻したとき
  3. 直系血族または、直系姻族以外の養子となったとき
  4. 老齢基礎年金を繰上げ受給したとき
  5. 65歳に達したとき

その他

 受給権発生時に60歳未満であれば、全額が支給停止となりますが、60歳になったときに支給停止が解除され、その時点で遺族年金を受給していて、寡婦年金の方が年金額が高くなる場合には選択届が送られますので、返送します。