社会保険労務士・FPがご提供する年金に関する各種情報です

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

遺族年金について

遺族厚生年金

制度の概要

制度の概要

 厚生年金の被保険者が死亡した時(加入中の傷病がもとで初診日から5年以内に死亡した時)、その者によって生計を維持されていた遺族(@配偶者または子、A父母、B孫、C祖父母の中で優先順位の高い方)に遺族厚生年金が支給されます。遺族厚生年金は、遺族基礎年金よりも受給できる遺族の範囲が広くなります。
  • 子のある妻又は子は、遺族基礎年金も併わせて受給できます。なお、子は遺族基礎年金の受給の対象となる子に限ります。
  • 30歳未満の子のない妻は5年間の有期給付となります。
  • 夫、父母、祖父母が受ける場合は、死亡時において55歳以上であることが条件となり、支給開始は60歳からとなります

支給要件

 遺族厚生年金は厚生年金保険の被保険者または、披保険者であった人が次の1から4のいづれかに該当する場合にその遺族に支給されます。
  1. 披保険者が死亡したとき(失踪宣告を受けた場合には、行方不明になった当時に被保険者であった人を含む)
  2. 被保険者資格喪失後、被保険者期間中に初診日のある傷病によって初診日から5年以内に死亡したとき
  3. 障害等級の1級または2級の障害の状態にある障害厚生年金の受給権者が死亡したとき
  4. 老齢厚生年金の受給権者または老齢厚生年金の受給資格を満たしている人が死亡したとき
1〜3による死亡を「短期要件」、4による死亡を「長期要件」といい、年金額の計算方法等が違います。1、2については遺族基礎年金の保険料納付要件を満たしていることが必要となります。