社会保険労務士・FPがご提供する年金に関する各種情報です

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

老齢年金について

老齢厚生年金

支給の引き上げ

受給要件   

 老齢基礎年金を受けるためには、保険料を納めた期間、保険料を免除された期間と合算対象期間※1(カラ期間)とを通算した期間が 原則25年間(300月)以上あることが必要となります。
 
※1 受給要件の中には含まれますが、受給金額には含まれません。 主な合算対象期間は次のとおりです
  1. 昭和61年(1986)3月以前に、国民年金に任意加入できる人が任意加入しなかった期間
  2. 平成3年(1991)3月以前に、学生であるため国民年金に任意加入しなかった期間
  3. 昭和36年(1961)4月以降海外に住んでいた期間 (いずれも20歳以上60歳未満の期間)

年金の金額   

 20歳から60歳になるまでの40年間の全期間保険料を納めた場合は 65歳から満額の老齢基礎年金が支給されます。保険料を全額免除された期間の年金額は1/2(平成21年3月分までは1/3)となります。 保険料の未納期間は年金額の計算の対象期間になりません。

 老齢基礎年金の計算式は次のとおりです
〔平成23年度〕
788,900円×〔保険料納付月数+(保険料全額免除月数×8分の4)+(保険料4分の1納付月数×8分の5)+(保険料半額納付月数×8分の6)+(保険料4分の3納付月数×8分の7)〕/加入可能年数×12 ただし平成21年3月分までは、全額免除は6分の2、4分の1納付は6分の3、半額納付は6分の4、4分の3納付は6分の5にて、それぞれ計算されます。