社会保険労務士・FPがご提供する年金に関する各種情報です

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

老齢年金について

老齢厚生年金

老齢厚生年金の繰下げ

 平成19年4月から、65歳以後の老齢厚生年金の繰下げ制度が再度導入されました。
 適用されるのは昭和17年4月2日以後生まれの人です。老齢厚生年金の繰下げ制度は、以前も導入されていましたが、平成14年度から65歳以後の在職老齢年金制度が開始されたことに伴って、それまでの老齢厚生年金の繰下げ制度は廃止となりました。
 66歳以降に繰下げの申し出を行うことができます。ただし、65歳〜66歳の間に障害厚生年金・遺族厚生年金などの受給権を有したことがあるときは、申出はできません。また、66歳以降に障害厚生年金・遺族厚生年金などを受ける権利が発生したときは、繰下げの申出はできますが、他年金が発生した月を基準に増額率が決定され計算されます。増額された老齢厚生年金は、繰下げの申出を行った翌月から支給されることになります。

 増額率 0.7%×繰下げ月数

注意事項

 70歳の誕生日の前日が属する月までに必ず請求をしましょう。申出が遅れてしまうと、増額率は最大の42%のまま増えないうえ、さかのぼって受けることができず、申出の翌月からの支給となってしまうからです。