社会保険労務士・FPがご提供する年金に関する各種情報です

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

老齢年金について

老齢厚生年金

高年齢雇用継続給付との調整

 厚生年金に加入している在職老齢年金の受給者が高年齢雇用継続給付を受けると、在職老齢年金による調整に加えて、さらに標準報酬月額の上限6%までの額も支給停止されます。
 支給対象月の賃金が60歳到達時賃金の61%以上75%未満の年金受給者については、賃金の増加に応じて、高年齢雇用継続給付金が15%から徐々に減少していくことから、標準報酬月額の支給停止額もこれに合わせて6%から徐々に減少していきます。

@標準報酬月額がみなし賃金月額の61%未満のとき

支給停止(調整)額 = 標準報酬月額 × 6%


A標準報酬月額がみなし賃金月額の61%以上75%未満であるとき

支給停止(調整)額 = 標準報酬月額 × 逓減率

逓減率(%)= A−(B+C) × 6/15
        B

 A = みなし賃金月額(みなし賃金日額×30日)×75/100
 B = 標準報酬月額
 C =(A一B)× 485/1400


 高年齢雇用継続給付が支給決定となった場合は、初回時のみ日本年金機構に「老齢厚生・退職共済年金受給権者支給停止事由該当届」(様式第583号)」の提出が必要となります。申請しても不支給の場合は提出の必要はありません。
 厚生年金に加給していない場合も提出の必要はありません。