社会保険労務士・FPがご提供する年金に関する各種情報です

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

老齢年金について

老齢厚生年金

在職老齢年金

 厚生年金の受給者が厚生年金に加入している場合に、その人の年金月額と総報酬月額相当額に応じて、全額または一部の年金額が支給停止されるものです。
 総報酬月額相当額には、賞与(その月以前1年間の標準賞与額の1/12)を含みます。

65歳までの在職老齢年金

 総報酬月額相当額と老齢厚生年金の月額の合計が28万円に達するまでは年金の全額がもらえます。
 総報酬月額相当額と老齢厚生年金の月額の合計が28万円を上回る場合は、総報酬月額相当額の増加2に対し、年金額1が停止されます。
 総報酬月額相当額が46万円を超える場合は、さらに総報酬月額相当額が増加した分だけ年金が支給停止されます。  

65歳以後の在職老齢年金

 基本月額と総報酬月額相当額と合計が 46万円以下の場合は年金の全額がもらえます。
 46万円以上の場合は、超えた部分の1/2が支給停止されることになります。

対象となる月

 在職老齢年金の対象となる期間は、被保険者の資格を取得した月の翌月から、資格を喪失した月までです。 被保険者の資格を取得した月は除かれますので注意が必要です。