社会保険労務士・FPがご提供する年金に関する各種情報です

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

老齢年金について

老齢厚生年金

加給年金

 加給年金は、特別支給の老齢厚生年金(退職共済年金)や65歳以後の老齢厚生年金(退職共済年金)受給権者の被保険者期間(組合員期間)が240月以上の場合か、中高齢の特例で受給権を得た場合(老齢満了)に、生計維持する配偶者や18歳到達年度の末日までの間の子がいるときに受けることができます。
 特別支給の老齢厚生年金については、定額部分の支給に合わせてその支給開始時から加算されます。定額部分支給開始後に老齢満了となる場合は、退職改定時または65歳決定時に加算されます。
 配偶者の加給年金は配偶者が65歳到達すると消滅し、子の加算は、18歳到達年度の末日(1・2級の障害の状態にあるときは20歳の到達日)で消滅します。

加給年金のもらいすぎに注意

 加給年金は、配偶者が65歳になるまで受給権者の年金に加算されますが、配偶者自身が老齢満了の老齢厚生年金(退職共済年金)や障害年金(障害共済年金)を受けられる間は停止され、支給されません。そのため次のようなケースでは、加給年金のもらいすぎが生じてしまい、もらいすぎた年金を返さなくてはならないことになってしまいますので注意が必要です。
  • 配偶者が60歳から年金をもらえるにもかかわらず、請求が遅れたため、加給年金が過払い状態となっていた。
  • 配偶者が共済年金をもらっていたが、年金事務所に加給年金停止の届をしなかった。
  • 配偶者が障害年金をもらえるようになったが、年金事務所に加給年金停止の届をしなかった。
 なお、過払いが生じても、一括か分割か、年金から天引きか納付書での納付かなどを選ぶことができます。

大正15年4月1日以前生まれの方の加給年金・振替加算

 老齢厚生年金または退職共済年金の受給権者の配偶者の老齢基礎年金に振替加算が行われるのは、夫婦とも大正15年4月2日以後に生まれた場合です。夫婦どちらかが大正15年4月1目以前生まれの方の場合は、振替加算は行われません。そのため、ずっと加給年金が加算されている方もいらっしゃるわけです。
 加給年金額と振替加算の関係は、次のとおりです。

   夫の被用者年金期間が長く、妻が短いと想定したケースです。
生年月日 妻が65歳に到達以後   
妻  妻の基礎年金  振替加算  夫の加給年金 
 T15.4.1以前  T15.4.1以前 × ×
 T15.4.1以後 ×
 T15.4.1以後  T15.4.1以前 × ×
 T15.4.1以後 ×