社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成25年 厚生年金保険法 択一式 第1問 問題


次のアからオの記述のうち、厚生年金保険の被保険者とならないものの組合せは、後記AからEまでのうちどれか。
  • ア 船舶所有者に使用される船員であって、その者が継続して4か月を超えない期間季節的業務に使用される場合。
  • イ 適用事業所以外の事業所に使用される70歳以上の者であって、老齢厚生年金、老齢基礎年金その他の老齢又は退職を支給事由とする年金たる給付であって政令で定める給付の受給権を有しないものが、当該事業所の事業主の同意を得て厚生労働大臣の認可を受けた場合。
  • ウ 船舶所有者に臨時に使用される船員であって、その者が引き続き1か月未満の期間日々雇い入れられる場合。
  • エ 巡回興行などの所在地が一定しない事業所に使用される者であって、その者が引き続き6か月以上使用される場合。
  • オ 臨時的事業の事業所に使用される者であって、その者が継続して6か月を超えない期間使用される場合。


A (アとイ) B (アとエ) C (イとウ) D (ウとオ) E (エとオ)




平成25年 厚生年金保険法 択一式 第1問 解答・解説

  • ア ○ 「適用除外」の問題です。臨時に使用される者は条件により適用除外となりますが、船舶所有者に使用される船員は除かれるため、被保険者となります。
  • イ ○ 高齢任意単独加入被保険者として被保険者となることができます。
  • ウ ○ 上記アと同じく、被保険者となります。
  • エ × 所在地が一定しない事業所に使用される者は、使用される期間にかかわらず被保険者となりません。
  • オ × 臨時的事業の事業所に使用される者は、継続して6月を超えて使用されるべき場合には、初めから被保険者となります。現に6月以内だからといって、被保険者にならないということではありません。
 以上から「E(エとオ)」が正解となります。



社労士試験年金法対策webトップページへ