社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成24年 厚生年金保険法 択一式 第7問 問題

 厚生年金保険法附則第8条の2に定める「特例による老齢厚生年金の支給開始年齢の特例」につき、一般の男子及び女子の支給開始年齢の読み替えに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  1. 男子であって、昭和27年4月2日に生まれた者は、61歳以上に該当するに至ったときに支給される。(H24-7A)
  2. 男子であって、昭和36年4月1日に生まれた者は、64歳以上に該当するに至ったときに支給される。(H24-7B)
  3. 女子であって、昭和33年4月2日に生まれた者は、61歳以上に該当するに至ったときに支給される。(H24-7C)
  4. 女子であって、昭和36年4月2日に生まれた者は、62歳以上に該当するに至ったときに支給される。(H24-7D)
  5. 女子であって、昭和41年4月1日に生まれた者は、64歳以上に該当するに至ったときに支給される。(H24-7E)





平成24年 厚生年金保険法 択一式 第7問 解答・解説

  1. ×
    61歳ではなく、「60歳」です。



社労士試験年金法対策webトップページへ