社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成24年 厚生年金保険法 択一式 第6問 問題

  1. 日本年金機構は、滞納処分等の実施に関する規程(以下「滞納処分等実施規程」という。)を定め、厚生労働大臣の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも同様とする。(H24-6A)
  2. 日本年金機構が定める滞納処分等実施規程には、差押えを行う時期、差押えに係る財産の選定方法その他の滞納処分等の公正かつ確実な実施を確保するために必要なものとして、厚生労働省令で定める事項を記載しなければならない。(H24-6B)
  3. 厚生年金保険法における滞納処分等については、国税滞納処分の例によって行うこととされており、日本年金機構が滞納処分等を行う場合には、あらかじめ財務大臣の認可を受けるとともに、滞納処分等実施規程に従い、徴収職員に行わせなければならない。(H24-6C)
  4. 厚生労働大臣は、滞納処分等に係る納付義務者が、処分の執行を免れる目的でその財産について隠ぺいしているおそれがあることなど、保険料等の効果的な徴収を行う上で必要があると認めるときは、財務大臣に、当該納付義務者に係る滞納処分等その他の処分の権限の全部又は一部を委任することができる。(H24-6D)
  5. 日本年金機構は、滞納処分等をしたときは、厚生労働省令で定めるところにより、速やかに、その結果を厚生労働大臣に報告しなければならない。(H24-6E)





平成24年 厚生年金保険法 択一式 第6問 解答・解説


  1. 設問のとおりです。(法109条の7第1項)

  2. 設問のとおりです。(法109条の7第2項)
  3. ×
    財務大臣ではなく、「厚生労働大臣」です。(法109条の6第1項)

  4. 設問のとおりです。(法109条の5)

  5. 設問のとおりです。(法109条の6第3項)


社労士試験年金法対策webトップページへ