社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成23年 厚生年金保険法 択一式 第9問 問題

  1. 60歳台前半の特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢が61歳となる昭和28年4月
     2日から昭和30年4月1日までに生まれた男子であって、その者が被保険者でな
     い場合、当該老齢厚生年金の定額部分が支給されることはない。(H23-9A)
  2. 60歳台前半の特別支給の老齢厚生年金を受給している被保険者が、その被保険者
    の資格を喪失し、かつ被保険者となることなくして被保険者の資格を喪失した日
    から起算して1か月を経過したときは、その被保険者の資格を喪失した月前にお
    ける被保険者であった期間を老齢厚生年金の額の計算の基礎とするものとし、資
    格を喪失した日の属する月から年金の額を改定する。(H23-9B)
  3. 老齢厚生年金を受給している被保険者(昭和12年4月2日以降に生まれた者に限
    る。)であって適用事業所に使用される者が70歳に到達したときは、その日に被
    保険者の資格を喪失し、当該喪失日が属する月以後の保険料を納めることはない
    が、一定の要件に該当する場合は、老齢厚生年金の一部又は全部が支給停止され
    る。(H23-9C)
  4. 被保険者の死亡により遺族厚生年金の受給権者となった妻が、再婚したことに
    よってその受給権を失ったとき、被保険者の死亡当時その者によって生計を維持
    していた母がいる場合は、当該母がその遺族厚生年金を受給することができる。
    (H23-9D)
  5. 障害等級3級に該当する障害厚生年金の受給権者である被保険者が死亡したとき
    は、保険料納付要件を満たしていない揚合であっても、その者の遺族に遺族厚生
    年金を支給する。(H23-9E)





平成23年 厚生年金保険法 択一式 第9問 解答・解説

  1. ×
    (法附則9条の2第1項、法附則9条の3第1項)設問の支給開始年齢が61歳となる者であっても、「障害者特例」「長期加入者の特例」に該当する場合には、定額部分が加算された特別支給の老齢厚生年金が支給されます。ただし、61歳からの支給となり、60歳から支給されるわけではありません。
  2. ×
    (法43条3項)退職時改定は、「資格を喪失した日から起算して1か月を経過した日の属する月」から、年金の額が改定されます。

  3. (法14条、法82条1項、法46条1項、S60法附則62条1項)適用事業所に使用される者が70歳に達したときは被保険者の資格を喪失し、保険料を支払う必要はなくなりますが、給与と年金額の合計が一定額以上である場合は、70歳以上であっても在職老齢年金の規定が適用されて、老齢厚生年金の一部又は全部が支給停止されます。
  4. ×
    (法59条2項)遺族厚生年金には、共済や労災にあるような「転給」の制度はありません。遺族厚生年金の受給権者である妻が失権すれば、遺族厚生年金の受給権はなくなります。
  5. ×
    (法58条1項)保険料納付要件が問われないのは、障害等級の「1級又は2級」に該当する障害の状態にある障害厚生年金の受給権者が死亡した場合です。3級は含まれません。


社労士試験年金法対策webトップページへ