社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成23年 厚生年金保険法 択一式 第8問 問題


 厚生年金保険法第20条第2項に規定する標準報酬月額に関する次の記述のうち、 正しいものはどれか。
  1. 毎年3月31日における全被保険者の標準報酬月額を平均した額が標準報酬月額等級の最高等級の標準報酬月額を超える場合において、その状態が継続すると認められるときは、その年の9月1日から、健康保険法第40条第1項に規定する標準報酬月額の等級区分を参酌して、政令で、当該最高等級の上に更に等級を加える標準報酬月額の等級区分の改定を行うことができる。
  2. 毎年3月31日における全被保険者の標準報酬月額を平均した額が標準報酬月額等級の最高等級の標準報酬月額を超える場合において、その状態が継続すると認められるときは、その翌年の4月1日から、健康保険法第40条第1項に規定する標準報酬月額の等級区分を参酌して、政令で、当該最高等級の上に更に等級を加える標準報酬月額の等級区分の改定を行わなければならない。
  3. 毎年3月31日における全被保険者の標準報酬月額を平均した額の100分の200に相当する額が標準報酬月額等級の最高等級の標準報酬月額を超える場合において、その状態が継続すると認められるときは、その年の9月1日から、健康保険法第40条第1項に規定する標準報酬月額の等級区分を参酌して、政令で、当該最高等級の上に更に等級を加える標準報酬月額の等級区分の改定を行うことができる。
  4. 毎年3月31日における全被保険者の標準報酬月額を平均した額の100分の200に相当する額が標準報酬月額等級の最高等級の標準報酬月額を超える場合において、その状態が継続すると認められるときは、その翌年の4月1日から、健康保険法第40条第1項に規定する標準報酬月額の等級区分を参酌して、政令で、当該最高等級の上に更に等級を加える標準報酬月額の等級区分の改定を行わなければならない。
  5. 毎年3月31日における全被保険者の標準報酬月額を平均した額の100分の300に相当する額が標準報酬月額等級の最高等級の標準報酬月額を超える場合において、その状態が継続すると認められるときは、その翌年の4月1日から、健康保険法第40条第1項に規定する標準報酬月額の等級区分を参酌して、政令で、当該最高等級の上に更に等級を加える標準報酬月額の等級区分の改定を行わなければならない。





平成23年 厚生年金保険法 択一式 第8問 解答・解説

  1. ×
    (法20条2項)全被保険者の標準報酬月額を平均した額の「100分の200に相当する額」が標準報酬月額等級の最高等級の標準報酬月額を超える場合において。。。となります。
  2. ×
    (法20条2項)毎年3月31日における全被保険者の標準報酬月額を平均した額の「100分の200に相当する額」が標準報酬月額等級の最高等級の標準報酬月額を超える場合において、その状態が継続すると認められるときは、「その年の9月1日」から、当該最高等級の上に更に等級を加える標準報酬月額の等級区分の改定を行うことができる。

  3. (法20条2項)設問のとおりです。
  4. ×
    (法20条2項)「その翌年の4月1日から」ではなく、「その年の9月1日」から、等級区分の改定を行うことができます。
  5. ×
    (法20条2項)全被保険者の標準報酬月額を平均した額の「100分の200に相当する額」が標準報酬月額等級の最高等級の標準報酬月額を超える場合において、その状態が継続すると認められるときは、「その年の9月1日」から、当該最高等級の上に更に等級を加える標準報酬月額の等級区分の改定を行うことができます。


社労士試験年金法対策webトップページへ