社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成23年 厚生年金保険法 択一式 第6問 問題

  1. 保険料を徴収する権利は、2年を経過したとき、時効により消滅する。(H23-6A)
  2. 保険料以外の、厚生年金保険法の規定による徴収金を徴収する権利は、2年を経過したとき、時効により消滅する。(H23-6B)
  3. 保険給付を受ける権利は、5年を経過したとき、時効により消滅する。(H23-6C)
  4. 年金たる保険給付を受ける権利の時効は、当該年金たる保険給付がその全額につき支給を停止されたときは、中断する。(H23-6D)
  5. 保険料その他、厚生年金保険法の規定による徴収金の納入の告知又は第86条第1項の規定による督促は、民法第153条の催告に関する規定にかかわらず、時効中断の効力を有する。(H23-6E)





平成23年 厚生年金保険法 択一式 第6問 解答・解説


  1. (法92条1項)設問・条文のとおりです。なお、保険給付を受ける権利については5年を経過したときに、時効によって消滅します。

  2. (法92条1項)設問・条文のとおりです。例えば法40条の2の不正利得の徴収等がこれにあたります。 

  3. (法92条1項)設問・条文のとおりです。年金たる保険給付及び障害手当金を受ける権利は、5年を経過したときは時効により消滅します。
  4. ×
    (法92条2項)年金たる保険給付を受ける権利の時効は、当該年金たる保険給付がその全額につき支給を停止されている間は、「進行しない」のであって、「中断する」わけではありません。時効の中断とは、権利者が権利行使して、時効期間の進行をとめ、今までの時効期間の進行をゼロになることいいます。

  5. (法92条3項)設問・条文のとおりです。第86条第1項の規定による督促は、徴収金を滞納する者に対して行う厚生労働大臣の督促です。


社労士試験年金法対策webトップページへ