社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成22年 厚生年金保険法 択一式 第8問 問題

 日本年金機構への厚生労働大臣の権限に係る事務の委任に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  1. 被保険者の資格の取得及び喪失に係る厚生労働大臣の確認。ただし、適用事業所以外の事業所に使用される70歳未満の者で厚生労働大臣の認可を受けて被保険者の資格を取得または喪失するとき、及び厚生労働大臣の認可を受けて適用事業所でなくすることになった被保険者の資格の喪失を除く。
  2.  厚生労働大臣自らが行うことを妨げないとされている、年金たる保険給付の受給権を有し、またはその者について加算が行われている子に対して、その指定する医師の診断を受けるべきことを命じ、または当該職員をしてこれらの者の障害の状態を診断させる権限。
  3. 厚生年金保険法第9章「厚生年金基金及び企業年金連合会」に規定する厚生労働大臣の権限のうち、厚生年金基金に係る権限の一部。
  4. 離婚分割における第1号改定者及び第2号改定者の標準報酬月額及び標準賞与額の改定または決定を行う権限。
  5. 適用事業所の取消しの認可、2以上の適用事業所(船舶を除く。)を一の適用事業所とすることの承認。





平成22年 厚生年金保険法 択一式 第8問 解答・解説


  1. (法100条の4第1項3号、法18条1項ほか)設問の事務は日本年金機構へ委任されています。

  2. (法100条の4第1項34号)設問の事務は日本年金機構へ委任されています。
  3. ×
    (法100条の4第1項、法180条)設問の事務は日本年金機構へ委任されていません。厚生年金基金に係るものは、厚生労働省令の定めるところにより、その一部を地方厚生局長・地方厚生支局長に委任することができるとされています。

    第百八十条  この章に規定する厚生労働大臣の権限のうち基金に係るものは、厚生労働省令の定めるところにより、その一部を地方厚生局長に委任することができる。
    2  前項の規定により地方厚生局長に委任された権限は、厚生労働省令の定めるところにより、地方厚生支局長に委任することができる。

  4. (法100条の4第1項23号)設問の事務は日本年金機構へ委任されています。

  5. (法100条の4第1項1号)設問の事務は日本年金機構へ委任されています。


社労士試験年金法対策webトップページへ