社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成22年 厚生年金保険法 択一式 第1問 問題

  1. 厚生年金保険法による保険給付は、老齢厚生年金、障害厚生年金、障害手当金、遺族厚生年金、脱退一時金の5種類である。(H22-1A)
  2. 報酬とは、賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が、労働の対償として受けるすべてのものをいう。ただし、臨時に受けるもの及び3か月を超える期間ごとに受けるものは、この限りでない。(H22-1B)
  3. 賞与とは、賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受けるすべてのもののうち、3か月を超える期間ごとに受けるものをいう。(H22-1C)
  4. 「配偶者」、「夫」及び「妻」には、婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含むものとする。(H22-1D)
  5. 保険給付を受ける権利は、その権利を有する者の請求に基づいて、厚生労働大臣が裁定する。(H22-1E)





平成22年 厚生年金保険法 択一式 第1問 解答・解説

  1. ×
    (法32条)脱退一時金は含まれないため×です。厚生年金保険法による保険給付の種類は、老齢厚生年金、障害厚生年金、障害手当金、遺族厚生年金の「4種類」です。

    第三十二条  この法律による保険給付は、次のとおりとする。
    一  老齢厚生年金
    二  障害厚生年金及び障害手当金
    三  遺族厚生年金

  2. (法3条1項3号・4号)設問・条文のとおりです。

    第三条
    三  報酬 賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が、労働の対償として受けるすべてのものをいう。ただし、臨時に受けるもの及び三月を超える期間ごとに受けるものは、この限りでない。
    四  賞与 賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受けるすべてのもののうち、三月を超える期間ごとに受けるものをいう。

  3. (法3条1項4号)設問・条文のとおりです。

  4. (法3条2項)設問・条文のとおりです。通常の夫婦関係は戸籍で確認しますが、事実婚・内縁の場合は、住民票や第三者の証明、あて先が連名となっているハガキ等により確認します。

    第三条 2  この法律において、「配偶者」、「夫」及び「妻」には、婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含むものとする。

  5. (法33条)設問のとおりです。年金証書の発行者は厚生労働大臣になっています。平成21年までは社会保険庁長官でした。

    第三十三条  保険給付を受ける権利は、その権利を有する者(以下「受給権者」という。)の請求に基いて、厚生労働大臣が裁定する。


社労士試験年金法対策webトップページへ