社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成21年 厚生年金保険法 択一式 第10問 問題

  1. 厚生労働大臣は、納付義務者が納付すべき保険料その他厚生年金保険法の規定による徴収金を滞納した場合には、その者から延滞金を徴収することができるが、当該延滞金に1,000円未満の端数があるときは、その端数は切り捨てる。(H21-10A)
  2. 厚生労働大臣は、保険料の納付義務者が保険料を滞納し、督促状によって指定した納期限までにこれを納付しなかった場合に保険料額につき年14.6%(一定の場合は、年7.3%)の割合で、納期限の日から保険料完納の日までの日数によって計算した延滞金を徴収する。(H21-10B)
  3. 保険料を滞納した納付義務者に対する厚生労働大臣の処分の請求により、その者の居住地若しくは財産所在地の市町村(特別区を含むものとし、地方自治法に規定される指定都市にあっては区とする。以下同じ。)が市町村税の例によってこれを処分したときは、厚生労働大臣は、徴収金の100分の4に相当する額を当該市町村に交付しなければならない。(H21-10C)
  4. 老齢厚生年金の加給年金額の加算の対象となる妻と子がある場合の加給年金額は、配偶者及び1人目の子については224,700円に、2人目以降の子については1人につき74,900円に、それぞれ改定率を乗じて得た額に端数処理をして得た額である。(H21-10D)
  5. 厚生年金保険の被保険者期間が1年以上であり、かつ、保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が25年未満であるが、当該被保険者期間と旧共済組合員期間とを合算した期間が20年以上である者が死亡した場合には、その者の遺族に遺族厚生年金の額の100分の50に相当する額の特例遺族年金が支給される。 (H21-10E)





平成21年 厚生年金保険法 択一式 第10問 解答・解説

  1. ×
    (法87条5項)「1,000円未満の端数」ではなく、「100円未満」の端数があるときは、そ
    の端数は切り捨てます。
  2. ×
    (法87条1項)納期限の日ではなく、納期限の「翌日」から計算されます。

  3. (法86条5項、6項)設問のとおりです。

    第八十六条
    5  厚生労働大臣は、納付義務者が次の各号の一に該当する場合においては、国税滞納処分の例によつてこれを処分し、又は納付義務者の居住地若しくはその者の財産所在地の市町村(特別区を含むものとし、地方自治法 (昭和二十二年法律第六十七号)第二百五十二条の十九第一項 の指定都市にあつては、区とする。以下同じ。)に対して、その処分を請求することができる。
    一  第二項の規定による督促を受けた者がその指定の期限までに保険料その他この法律の規定による徴収金を納付しないとき。
    二  第八十五条各号の一に該当したことにより納期を繰り上げて保険料納入の告知を受けた者がその指定の期限までに保険料を納付しないとき。
    6  市町村は、前項の規定による処分の請求を受けたときは、市町村税の例によつてこれを処分することができる。この場合においては、厚生労働大臣は、徴収金の百分の四に相当する額を当該市町村に交付しなければならない。
  4. ×
    (法44条2項)2人目から金額がかわるのではなく、3人目から金額が次のとおり変わります。
    1・2人目:1人につき224,700円に、それぞれ改定率を乗じて得た額に端数処理をして得た額
    3人目以降:1人につき74,900円に、それぞれ改定率を乗じて得た額に端数処理をして得た額
  5. ×
    (法附則28条の4第2項)「遺族に遺族厚生年金の額の100分の50に相当する額」ではなく、「特別支給の老齢厚生年金の例によって計算された額」の100分の50に相当する額となります。


社労士試験年金法対策webトップページへ