社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成21年 厚生年金保険法 択一式 第8問 問題

  1. 農林漁業団体の事業所に使用される被保険者の厚生年金保険料率は、平成20年9月分(同年10月納付分)は1000分の161.2であるが、平成20年10月分(同年11月納付分)から平成21年8月分(同年9月納付分)までの間は、一般の被保険者と同じ1000分の153.5である。(H21-8A)
  2. 船員たる被保険者の標準報酬月額の決定及び改定については、船員保険法の規定の例によることとされている。(H21-8B)
  3. 昭和36年4月1日前の第3種被保険者期間に係る給付費については、25%を国庫が負担する。(H21-8C)
  4. 坑内員及び船員以外の被保険者(厚生年金基金の加入員を除く。)の保険料率は、日本たばこ産業株式会社及び旅客鉄道会社等に使用される被保険者を含めて、平成23年9月分(同年10月納付分)から平成24年8月分(同年9月納付分)までの間は、1000分の164.12である。(H21-8D)
  5. 適用事業所に使用される高齢任意加入被保険者で、事業主の同意が得られなかったために保険料を全額負担している者は、当該保険料をその月の10日までに納付しなければならない。(H21-8E)





平成21年 厚生年金保険法 択一式 第8問 解答・解説


  1. (法81条4項、厚生年金保険制度及び農林漁業団体職員共済組合制度の統合を図るための農林漁業団体職員共済組合法等を廃止する等の法律附則19条)設問のとおりで、平成20年10月分以降は一般の被保険者と同じ保険料率となっています。

  2. (法24条の2)設問のとおりです。

    第二十四条の二  船員たる被保険者の標準報酬月額の決定及び改定については、第二十一条から前条までの規定にかかわらず、船員保険法第十七条 から第二十条 まで及び第二十三条 の規定の例による。

  3. (S60法附則79条)設問のとおりです。保険給付に要する費用については、原則として国庫負担は行われませんが、例外として昭和36年4月前の被保険者期間に係る保険給付に要する費用の100分の20(第3種被保険者であった期間に係るものは100分の25)に相当する額を国庫が負担しています。

  4. (法81条4項、H8法附則18条1項、H16法附則33条)設問のとおりです。
  5. ×
    (法83条、法附則4条の3)「その月の10日まで」ではなく、「翌月末日まで」です。「その月の10日まで」は、任意継続被保険者の健康保険料が該当します。


社労士試験年金法対策webトップページへ