社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成21年 厚生年金保険法 択一式 第4問 問題

  1. 厚生労働大臣は、納入の告知をした保険料額又は納付した保険料額が当該納付義務者が納付すべき保険料額をこえていることを知ったときは、そのこえている部分に関する納入の告知又は納付を、その納入の告知又は納付の日の翌日から6か月以内の期日に納付されるべき保険料について、納期を繰り上げてしたものとみなすことができるが、その場合にはその旨を当該納付義務者に通知しなければならない。(H21-4A)
  2. 老齢厚生年金を受給している者の子(当該老齢厚生年金の受給権発生当時から18歳に達する日以後の最初の3月31日まで加給年金額の対象となっていた子に限る。)が19歳となったときにはじめて障害等級1級又は2級の障害に該当する障害の状態になった場合において、当該子が20歳に達するまでは、当該子について加給年金額を加算する。(H21-4B)
  3. 60歳台前半の老齢厚生年金の定額部分の年金額の計算の際に用いる被保険者期間の月数は、生年月日に応じて段階的に引き上げる措置が講じられており、昭和4年4月1日以前に生まれた者については440月が上限とされている。(H21-4C)
  4. 被保険者の資格、標準報酬、保険給付又は保険料に関する処分に不服がある者は社会保険審査官に対して審査請求をし、その決定に不服があるときは、社会保険審査会に対して再審査請求をすることができる。(H21-4D)
  5. 保険給付の受給権者が死亡した場合において、その死亡した者に支給すべき保険給付でまだその者に支給しなかったものがあるとき、当該未支給の保険給付を請求することができる者の順位は、@配偶者又は子、A父母、B孫、@祖父母、D兄弟姉妹の順位である。(H21-4E)





平成21年 厚生年金保険法 択一式 第4問 解答・解説


  1. (法83条2項、3項)設問のとおりです。
    保険料の充当についての記載であり、通知する必要があります。

    第八十三条  毎月の保険料は、翌月末日までに、納付しなければならない。
    2  厚生労働大臣は、納入の告知をした保険料額が当該納付義務者が納付すべき保険料額をこえていることを知つたとき、又は納付した保険料額が当該納付義務者が納付すべき保険料額をこえていることを知つたときは、そのこえている部分に関する納入の告知又は納付を、その納入の告知又は納付の日の翌日から六箇月以内の期日に納付されるべき保険料について納期を繰り上げてしたものとみなすことができる。
    3  前項の規定によつて、納期を繰り上げて納入の告知又は納付をしたものとみなしたときは、厚生労働大臣は、その旨を当該納付義務者に通知しなければならない。
  2. ×
    (法44条4項) 18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間に障害に該当しなければなりません。設問のように、それ以降に該当しても、加算の対象となりません。
  3. ×
    (H16法附則36条2項)440月ではなく、420月が上限となります。
  4. ×
    (法90条1項、法91条)保険料に関する処分については、社会保険審査官に対して審査請求ができません。社会保険審査会に対して審査請求をすることになります。
  5. ×
    (法37条4項)「@配偶者又は子」が誤りで、順位は、@配偶者、A子、B父母、@孫、D祖父母、E兄弟姉妹となるため、配偶者が第1順位となります。


社労士試験年金法対策webトップページへ