社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成21年 厚生年金保険法 択一式 第3問 問題

  1. 厚生年金基金(以下「基金」という。)が解散したときの年金たる給付に関しては、当該基金は加入員であった者に係る年金たる給付の支給に関する義務を免れるが、解散した日までに支給すべきであった年金たる給付がある場合は、この支給の義務については免れないこととされている。(H21-3A)
  2. 厚生年金基金(以下「基金」という。)の設立事業所が脱退することに伴って当該基金の設立事業所が減少する場合において、この減少に伴い、他の設立事業所に係る掛金が増加するときは、当該基金は厚生労働省令で定める計算方法のうち、規約に定めるところにより算定した額を脱退する事業所の事業主から、掛金として一括して徴収するものとされているが、このとき徴収される掛金について、当該基金の加入員は政令で定める基準に従い規約に定めるところにより、当該掛金の一部を負担することができる。(H21-3B)
  3. 適用事業所の事業主が厚生年金基金を設立しようとするときは、当該事業所に労働組合があるときには当該労働組合の同意のほか、使用される被保険者の3分の1以上の同意を得て、規約をつくり、厚生労働大臣の認可を受けなければならない。(H21-3C)
  4. 国民年金基金の加入員となったときは、その加入員となった日の属する月から付加保険料を納付する者でなくなったものとする。(H14-9A)
  5. 育児休業をしている加入員(当該基金の設立事業所以外の適用事業所に同時に使用される者を除く。)を使用する設立事業所の事業主が、厚生労働省令の定めるところにより厚生年金基金に申出をしたときは、当該育児休業を開始した日の属する月からその育児休業が終了する日の翌日が属する月の前月までの期間に係る掛金のうち、当該加入員の標準報酬月額及び標準賞与額にそれぞれ免除保険料率を乗じて得た額が免除される。(H21-3E)





平成21年 厚生年金保険法 択一式 第3問 解答・解説


  1. (法146条)設問のとおりです。全ての給付について、義務が免れるわけではありません。

    第百四十六条  基金は、解散したときは、当該基金の加入員であつた者に係る年金たる給付及び一時金たる給付の支給に関する義務を免れる。ただし、解散した日までに支給すべきであつた年金たる給付若しくは一時金たる給付でまだ支給していないものの支給又は第百四十四条の三第四項若しくは第六項、第百四十四条の六第二項若しくは確定給付企業年金法第百十五条の三第二項 の規定により解散した日までに移換すべきであつた年金給付等積立金若しくは脱退一時金相当額でまだ移換していないものの移換に関する義務については、この限りでない。

  2. (法138条5項、法139条3項、基金令34条の2)設問のとおりです。
    原則として事業主が負担しますが、政令(下記)で定める基準に従い規約に定めるところにより、加入員が当該掛金の一部を負担することができます。

    第三十四条の二  法第百三十九条第三項 ただし書の政令で定める基準は、次のとおりとする。
    一  加入員が負担する掛金の額が、当該加入員に係る法第百三十八条第五項 又は第六項 に規定する掛金の額の二分の一を超えないこと。
    二  加入員が掛金を負担することについて、当該加入員の同意を得ること。
  3. ×
    (法111条1項、2項)3分の1以上の同意ではなく、2分の1以上の同意が必要です。

  4. (法81条の3第2項、基金令36条の4第1項)設問のとおりです。
    基金に加入した月から保険料が発生するので、付加年金はその前月までとなります。
    国民年金基金加入と付加保険料納付の、両方はできません。(基金の1口目の給付は、国民年金の付加年金相当が含まれいて、付加年金の二重加入を防ぐためです。)

  5. (法139条7項)設問のとおりです。

    第百三十九条 7  育児休業等をしている加入員(第百二十九条第二項に規定する加入員を除く。)を使用する設立事業所の事業主が、厚生労働省令の定めるところにより基金に申出をしたときは、第一項及び第二項の規定にかかわらず、その育児休業等を開始した日の属する月からその育児休業等が終了する日の翌日が属する月の前月までの期間に係る掛金のうち、免除保険料額(当該加入員の標準報酬月額及び標準賞与額にそれぞれ第八十一条の三第一項に規定する免除保険料率を乗じて得た額をいう。以下同じ。)を免除する。


社労士試験年金法対策webトップページへ