社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成20年 厚生年金保険法 択一式 第1問 問題

  1. 厚生労働大臣は、障害厚生年金の受給権者が、重大な過失により、その障害の程度を増進させたときは、当該障害厚生年金の額の一部につき、その支給を停止し、又はその者の障害の程度が現に該当する障害等級以下の障害等級に該当するものとして、当該障害厚生年金の額の改定を行うことができる。(H20-1A)
  2. 障害の程度が障害等級の1級又は2級に該当する者に支給される障害厚生年金の額に加算されている配偶者の加給年金額は、配偶者の生年月日にかかわらず、当該配偶者が65歳に達した日の属する月の翌月分から加算されなくなる。(H20-1B)
  3. 傷病が治らないで、身体の機能又は精神若しくは神経系統に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有する状態であって、厚生労働大臣が定めるものは、障害等級3級の障害の状態に該当する。(H20-1C)
  4. 障害等級3級に該当する障害厚生年金の受給権者(受給権を取得した当時から障害等級の1級又は2級に該当したことはなかったものとする。)に65歳に達する日以後に更に障害等級2級に該当する障害厚生年金を支給すべき事由が生じたときは、前後の障害を併合した障害の程度による障害厚生年金が支給される。(H20-1D)
  5. 傷病の初診日において被保険者であった者について、障害認定日には障害等級に該当する程度の障害の状態になかったが、同日後65歳に達する日の前日までに当該傷病により障害等級に該当する程度の障害の状態になり、かつ、初診日において保険料納付要件を満たしているときは、65歳以後であっても障害等級に該当した日から3年を経過していなければ、障害厚生年金の支給を請求することができる。(H20-1E)





平成20年 厚生年金保険法 択一式 第1問 解答・解説

  1. ×
    (法73条の2)設問は、障害年金をもらっている人が、重大な過失により傷病が悪化したときに、年金はどうなるかが問われています。例えば、片足に障がいがあり2級をもらっている人が、飲酒運転でいねむりをして事故にあい、もう片足が動かなくなったとします。この場合、1級になるのでしょうか?この場合の取り扱いは法73条の2に定められていて、重大な過失により、その障害の程度を増進させたときは、厚生労働大臣の診査による障害厚生年金の額の改定を「行わない」ことができます。つまり1級に改定しないことができるわけです。設問の「額の改定を行うことができる」が誤りです。

    第七十三条の二  被保険者又は被保険者であつた者が、自己の故意の犯罪行為若しくは重大な過失により、又は正当な理由がなくて療養に関する指示に従わないことにより、障害若しくは死亡若しくはこれらの原因となつた事故を生ぜしめ、若しくはその障害の程度を増進させ、又はその回復を妨げたときは、保険給付の全部又は一部を行なわないことができる。
  2. ×
    (法50条の2第1項、S60法附則60条1項)一見正しい選択肢にみえますが、例外があるため誤りとなります。配偶者が大正15年4月1日以前生まれである場合には、その配偶者が65歳以上となった場合でも加給年金は引き続き支給されるのです。全ての人が加算されなくなるわけではないため、誤りとなります。

  3. (令別表第1)設問のとおり、設問の状態は障害等級3級とされています。
    3級のポイントは、働くことはできるけど、ある程度制限を受けますよというところになります。
  4. ×
    (法48条、法47条の3第1項)1級又は2級に該当したことのない3級の障害厚生年金の場合は、併合はされないため、誤りとなります。
  5. ×
    (法47条の2第1項)事後重症請求については、65歳到達以後については請求することはできません。


社労士試験年金法対策webトップページへ