社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成26年 国民年金法 択一式 第8問 問題


 国民年金法等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  1. いわゆる「ねんきん定期便」について、通常は、これまでの年金加入期間、保険料納付額等の内容が「はがき」に記載されて送られてくるが、これらの内容に加え、これまでの加入履歴、国民年金保険料の納付状況など詳細に記載された「封書」が送られる被保険者の節目の年齢は、40歳、50歳、58歳である。
  2. 国民年金基金は、政令で定めるところにより厚生労働大臣に届け出て、その業務の一部を国民年金基金連合会に委託することができる。
  3. 4月1日に被保険者の資格を取得した者について、同年4月30日にその資格を喪失した場合は1か月が被保険者期間に算入され、同年5月31日にその資格を喪失した場合にも同様に1か月が被保険者期間に算入される。なお、いずれの場合も資格を喪失した月にさらに被保険者の資格を取得していないものとする。
  4. 保険料納付済期間を25年有する50歳の第1号被保険者が死亡した場合、その者によって生計を維持していた14歳の子がいても、当該死亡日の前日において当該死亡日の属する月の前々月までの1年間に保険料滞納期間があるときは、子は遺族基礎年金の受給権を取得しない。
  5. 第1号被保険者(保険料の一部免除を受ける者を除く。)が、生活保護法による生活扶助を受けるに至ったときは、その該当するに至った日の属する月の翌月からこれに該当しなくなる日の属する月の前月までの期間に係る保険料は、既に納付されたものを除き、納付することを要しない。





平成26年 国民年金法 択一式 第8問 解答・解説

  1. × 「40歳、50歳、58歳」ではなく、「35歳、45歳及び59歳」です。
  2. × 厚生労働大臣の認可が必要となります。
  3. ○ 設問のとおりです。前半部については、資格を喪失した月にさらに被保険者の資格を取得した場合には1か月に入りませんが、設問の条件に「資格を喪失した月にさらに被保険者の資格を取得していないものとする」とあるため、同じ1か月となります。
  4. × 老齢基礎年金の受給資格を満たした者が死亡した時は、遺族基礎年金は支給されます。設問の場合、保険料納付済期間が25年あるため、老齢基礎年金の受給資格を満たしています。  
  5. × 該当するに至った日の属する月の前月から、該当しなくなった日の属する月までとなります。


社労士試験年金法対策webトップページへ