社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成25年 国民年金法 択一式 第9問 問題

 ある男性が学校を卒業後20歳で会社に就職し、厚生年金保険に7年間加入し会社を退職した。また、退職後は第1号被保険者として国民年金の保険料を27年間支払った。この男性が54歳で死亡した場合の死亡に関する給付等について、次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、男性は障害基礎年金の受給権を取得したことがない。
  1. 男性が死亡した当時、生計を維持していた者が同居していた80歳の母(老齢基礎年金のみ受給中)だけである場合、母は遺族として、死亡一時金と遺族厚生年金の受給権を取得し、すべて受給することができる。
  2. 男性が死亡した当時、生計を維持していた者が結婚して以後25年間同居していた50歳の妻だけである場合、妻は遺族として、寡婦年金と死亡一時金と遺族厚生年金の受給権を取得するが、寡婦年金と死亡一時金はどちらか一方のみを選択することとなり、死亡一時金を選択した場合、遺族厚生年金も受給できる。
  3. 男性が死亡した当時、生計を維持していた者が同居していた12歳と15歳の子だけである場合、当該子らは遺族として、遺族基礎年金と遺族厚生年金と死亡一時金の受給権を取得し、すべて受給することができる。
  4. 男性が死亡した当時、生計を維持していた者が同居していた50歳の弟 と60歳の兄だけである場合、2人は遺族として、死亡一時金の受給権のみが発生するが、その1人がした請求は、全員のためその全額につきしたものとみなし、その1人に対してした支給は全員に対してしたものとみなされる。
  5. 男性が死亡した当時、生計を維持していた者が5年間同居していた内縁関係の45歳の妻と男性と養子縁組をしていない13歳の妻の連れ子だけである場合、妻は死亡一時金と遺族厚生年金の受給権を取得し、すべて受給することができるが、当該遺族には遺族基礎年金の受給権は発生しない。





平成25年 国民年金法 択一式 第9問 解答・解説

  1. ○ 設問のとおりです。死亡一時金と遺族厚生年金は受給できます。
  2. ○ 設問のとおりです。寡婦年金と死亡一時金はどちらか一方を選択することになります。死亡一時金を選択した場合、遺族厚生年金も受給できます。
  3. × 遺族基礎年金を受けることができるため、同じ国民年金制度の死亡一時金を受けることはできず、すべて受給することができるとしている点が誤りです。
  4. ○ 設問のとおりです。2人とももらえるわけではありません。未支給年金と考え方は同じです。
  5. ○ 連れ子は養子縁組をしていないため、いないものとして考えます。そうすると、内縁の妻に遺族厚生年金と死亡一時金が支払われます。なお、寡婦年金は婚姻関係10年を満たしていないため、受給権は発生しません。


社労士試験年金法対策webトップページへ