社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成25年 国民年金法 択一式 第7問 問題

 国民年金法第30条の4に規定する20歳前傷病による障害基礎年金に関する次のアからオの記述のうち、正しいものの組合せは後記AからEまでのうちどれか。
  • ア 受給権者本人の前年の所得が政令で定められた金額を超えるときは、その年の8月から翌年7月までの間、年金額の全部、又は、年金額の4分の3、2分の1若しくは4分の1に相当する部分の支給が停止される。
  • イ 労働者災害補償保険法による年金たる給付の受給権者であってその全額が支給停止されているときは、20歳前傷病による障害基礎年金は支給停止されない。
  • ウ 受給権者が日本国内に住所を有しないときは支給停止される。
  • エ 受給権者が障害者福祉施設に入所しているときは支給停止される。
  • オ 震災、風水害、火災その他これらに類する災害により、自己又は所得税法に規定する控除対象配偶者若しくは扶養親族の所有に係る住宅、家財又は政令に定めるその他の財産につき被害金額がその価格のおおむね3分の1以上である損害を受けた者がある場合は、その損害を受けた年の前年又は前々年における当該被災者の所得を理由とする支給停止は行わない。

  1. アとイ
  2. アとウ
  3. イとウ
  4. ウとエ
  5. エとオ





平成25年 国民年金法 択一式 第7問 解答・解説

  • ア × 4分の3停止や、4分の1停止はありません。
  • イ ○ 設問のとおりです。労災給付が全額支給停止されているときは、20歳前障害基礎年金は支給されます。
  • ウ ○ 設問のとおりです。
  • エ × 障害者福祉施設に入所しているだけでは、停止になりません。停止になるのは、刑事施設、労役場、少年院等の犯罪関係の施設に入っているときです。
  • オ × 「3分の1以上」が誤りです。「2分の1以上」が正解です。


社労士試験年金法対策webトップページへ