社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成25年 国民年金法 択一式 第6問 問題

 次の記述のうち、老齢基礎年金の合算対象期間に算入されるものはどれか。
  1. 昭和61年4月1日前の旧国民年金法の被保険者期間のうち保険料の免除を受けた期間。
  2. 昭和61年4月1日前に被用者年金各法の通算遺族年金の受給者であった20歳以上60歳未満の期間。
  3. 60歳以上65歳未満の期間を含む国会議員であった期間のうち、昭和36年4月1日から昭和55年3月31日までの期間。
  4. 昭和36年5月1日以後、国籍法の規定により日本国籍を取得した者(20歳に達した日の翌日から65歳に達した日の前日までの間に日本国籍を取得した者に限る。以下同じ。)で日本に住所を有していた20歳以上60歳未満の期間のうち、国民年金の適用除外とされていた昭和36年4月1日から昭和61年4月1日前の期間。
  5. 昭和36年5月1日以後、国籍法の規定により日本国籍を取得した者で日本に住所を有していなかった20歳以上60歳未満の期間のうち、昭和36年4月1日から日本国籍を取得した日の前日までの期間。





平成25年 国民年金法 択一式 第6問 解答・解説

  1. × 免除期間は合算対象期間とはなりません。
  2. × 通算遺族年金の受給権者は合算対象期間とはなりません。被用者年金各法の遺族年金の受給権者であった期間は合算対象期間となります。
  3. × 「60歳以上65歳未満の期間を含む」が誤りです。60歳未満の期間が対象になります。
  4. × 「昭和61年4月1日前の期間」が誤りです。正しくは「昭和57年1月1日前の期間」です。
  5. ○ 設問のとおりです。


社労士試験年金法対策webトップページへ