社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成25年 国民年金法 択一式 第5問 問題

 国民年金制度に関する次のアからオの記述のうち、正しいものの組合せは後記AからEまでのうちどれか。なお、本問において「配偶者からの暴力」とは、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律に規定するもの をいう。
  • ア 日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の外国人で第2号及び第3号被保険者に該当しない者のうち、適法に3か月を超えて在留する者であって住民基本台帳に記録された者は、第1号被保険者として適用を受ける。
  • イ 外国人で住民基本台帳に記録されない短期滞在者については、日本国内に住所を有することが明らかになった者であっても第1号被保険者としては適用されない。
  • ウ 外国人である第1号被保険者が日本国内に住所を有しなくなったときの資格喪失年月日は、原則として、出国の日とする。
  • エ 配偶者からの暴力を受けた第3号被保険者については、当該被保険者がその配偶者の収入により生計を維持しなくなった場合であっても、第1号被保険者への種別変更の届出は不要である。
  • オ 配偶者からの暴力を受けた第1号被保険者からの保険料の免除申請については、配偶者の所得は審査の対象としない。


  1. アとエ
  2. アとオ
  3. イとウ
  4. イとエ
  5. ウとオ



平成25年 国民年金法 択一式 第5問 解答・解説

  • ア ○ 設問のとおりです。適法に3か月を超えて在留する者であって住民基本台帳に記録された者は適用対象となります。
  • イ × 短期滞在外国人が適用の対象となる場合があります。外国人で住民基本台帳に記録されない短期滞在者等のうち、日本国内に住所を有することが明らかとなった者についても適用の対象とする」とされています。
  • ウ × 「出国の日」ではなく、「出国の日の翌日」です。
  • エ × DV被害者であっても、第1号被保険者への種別変更の届出は必要です。
  • オ ○ 設問のとおりです。被保険者及び世帯主(被保険者又は配偶者が世帯主である場合にあっては、被保険者)は被保険者の保険料を納付することが困難と認められること、配偶者は当該配偶者からの暴力を行った者であることが条件となります。


【正解】B(アとオ)


社労士試験年金法対策webトップページへ