社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成25年 国民年金法 択一式 第2問 問題

 被保険者等に関する次のアからオの記述のうち、正しいものの組合せは、後記AからEまでのうちどれか。
  • ア 被用者年金各法の被保険者、組合員又は加入者は、60歳に達した日に国民年金の被保険者の資格を喪失する。
  • イ 厚生年金保険の高齢任意加入被保険者は国民年金の第2号被保険者であり、当該高齢任意加入被保険者の収入により生計を維持する配偶者(第2号被保険者である者を除く。)のうち20歳以上60歳未満の者は、第3号被保険者となる。
  • ウ 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の者は、日本国籍を有する限り、厚生労働大臣に申し出て被保険者となることができる。
  • エ 日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者であっても、被用者年金各法に基づく遺族給付の受給権者は、第1号被保険者とはならない。
  • オ 厚生年金保険の在職老齢年金を受給している夫が65歳に達した際、日本国内に住所を有する第3号被保険者である妻が60歳未満であれば、その妻は第1号被保険者となり、法定免除又は申請全額免除に該当しない限り、国民年金の保険料を納付しなければならない。

  1. アとウ
  2. イとエ
  3. ウとオ
  4. アとエ
  5. イとオ





平成25年 国民年金法 択一式 第2問 解答・解説

  • ア × 60歳に達しても、国民年金の被保険者資格を喪失しません。60歳で資格を喪失するのは、1号被保険者であって、会社員などの2号は資格を喪失しません。
  • イ ○ 高齢任意加入被保険者は国民年金の第2号被保険者であるため、配偶者は3号となります。
  • ウ × 「日本国籍を有する限り」が誤りです。日本国籍を有しなくても、任意加入ができます。
  • エ × 遺族給付を受給していても、第1号被保険者となります。なお、厚生年金等の老齢給付を受給している場合は、適用除外となります。
  • オ ○ 老齢厚生年金を受給していて、受給権を満たしているため、第2号被保険者とはなりません。このため、妻は第3号被保険者とはなりません。

【正解】E.イとオ


社労士試験年金法対策webトップページへ