社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成24年 国民年金法 択一式 第9問 問題

  1. 職能型国民年金基金の加入員である開業社会保険労務士が、社会保険労務士法人を設立し代表社員になった場合は、当該国民年金基金の加入員資格を喪失する。
  2. 夫が開業社会保険労務士で個人事務所を営んでおり、当該事務所における業務に従事する妻が第1号被保険者であっても、その妻が社会保険労務士でなければ、社会保険労務士の職能型国民年金基金の加入員にはなれない。
  3. 第1号被保険者が従事する職業において職能型国民年金基金が設立されている場合、当該被保険者は職能型国民年金基金に加入することとなり、地域型国民年金基金には加入できない。
  4. 毎月の掛金の上限額である68,000円を超えていなければ、職能型国民年金基金と地域型国民年金基金の両方に同時に加入することができる。
  5. 国民年金基金の加入員の申出をした同月に、法第90条第1項等の規定による国民年金の保険料免除の適用を受けることになった場合、その翌月に加入員資格を喪失する。





平成24年 国民年金法 択一式 第9問 解答・解説


  1. 1号被保険者ではなくなるため、基金の資格を喪失します。
  2. ×
    加入員になることができます。
  3. ×
    どちらに加入するかは選択により、自由に選べます。
  4. ×
    両方に加入することはできません。
  5. ×
    資格を取得した日に遡って加入員でなかったものとみなされます。


社労士試験年金法対策webトップページへ