社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成24年 国民年金法 択一式 第6問 問題

 脱退一時金に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。
  1. 日本国籍を有しない者を対象とする当分の間の経過措置であり、国民年金法附則に規定されている。
  2. 支給額は、第1号被保険者としての保険料納付済期間等に応じて、6段階に区分されている。
  3. 支給を受けたときは、その額の計算の基礎となった第号被保険者であった期間は、被保険者でなかったものとみなされる。
  4. 脱退一時金は国民年金法第15条に定める給付ではないので、その処分に不服があっても、社会保険審査会に対して審査請求することはできない。
  5. 障害基礎年金の受給権を有したことがあるときは支給されない。





平成24年 国民年金法 択一式 第6問 解答・解説


  1. 設問のとおり当分の間の措置として、法附則9条の3の2で定められています。

  2. 設問のとおりです。

  3. 設問のとおりです。
  4. ×
    社会保険審査会に対して審査請求をすることができます。

  5. 設問のとおりです。


社労士試験年金法対策webトップページへ