社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成24年 国民年金法 択一式 第1問 問題

  1. 政府は、第1号被保険者と任意加入被保険者から国民年金の保険料を徴収するが、第2号被保険者及び第3号被保険者から国民年金の保険料を徴収していない。
  2. 国民年金の保険料納付済期間とされた厚生年金保険の第三種被保険者(坑内員又は船員)期間については、その期間に3分の4を乗じて得た期間を保険料納付済期間として、老齢基礎年金の額が計算される。
  3. 繰上げ支給の老齢基礎年金の支給を受ける者は、65歳に達する前であっても、国民年金法第30条の2第1項の規定(いわゆる事後重症)による障害基礎年金の支給を請求することはできない。
  4. 過去に一度も被保険者でなかった者が第1号被保険者となった場合に、被保険者の資格を取得した日の属する月から60歳に達する日の属する月の前月までの期間が25年に満たない者は、いつでも、厚生労働大臣の承認を受けて、被保険者の資格を喪失することができる。
  5. 住民基本台帳法の規定により本人確認情報の提供を受けることができる受給権者の死亡について、受給権者の死亡の日から7日以内に当該受給権者に係る戸籍法の規定による死亡の届出をした場合は、国民年金法の規定による死亡の届出は要しない。





平成24年 国民年金法 択一式 第1問 解答・解説


  1. 国民年金の保険料として徴収するのは、第1号被保険者と任意加入被保険者だけです。
  2. ×
    設問の特例は老齢基礎年金にはありません。

  3. 繰上げをすると、事後重症請求はできなくなります。

  4. 任意脱退をすることができます。

  5. 設問のとおりです。なお、未支給年金の支給を受ける権利のある遺族がいる場合は、未支給年金受給の手続きは必要です。


社労士試験年金法対策webトップページへ