社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成23年 国民年金法 択一式 第8問 問題

老齢基礎年金の繰上げ支給等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
  1. 繰上げ支給及び繰下げ支給は、いずれも国民年金法の附則において当分の間の措置として規定されている。
  2. 繰上げ支給の受給権は、繰上げ請求のあった日の翌日に発生し、受給権発生日の属する月の翌月から支給される。
  3. 繰上げ支給を受けると、国民年金法第36条第2項ただし書き(その他障害の程度と併せて障害の程度が2級以上に該当したことによる支給停止解除)に係る請求ができなくなる。
  4. 繰上げ支給を受けると、寡婦年金は支給停止される。
  5. 繰上げ支給を受けると、65歳になるまで遺族厚生年金の2分の1が支給停止される。





平成23年 国民年金法 択一式 第8問 解答・解説

  1. ×
    (法28条、法附則9条の2)繰下げ支給については、「附則ではなく、「本則」である国民年金法28条に規定されています。
  2. ×
    (法附則9条の2)繰上げ支給の受給権は、繰上げ請求のあったその「日」に発生します。そして、請求のあった日の翌月から支給されます。

  3. (法附則9条の2の3)設問のとおり、繰り上げを行うと、その他障害の程度と併せて障害の程度が2級以上に該当したことによる支給停止解除はできません。
  4. ×
    (法附則9条の2第5項)寡婦年金の受給権は、繰上げ支給の老齢基礎年金の受給権を取得したときは、消滅してしまいます。停止というのは、受給権はあるけど支払いがストップした状態のことです。
  5. ×
    (法附則9条の2の4)設問のような1/2調整の規定はありません。繰上げ支給の老齢基礎年金と遺族厚生年金は、65歳になるまではどちらかを選択する形になります。65歳以降については、老齢基礎年金と遺族厚生年金を併給することができます。


社労士試験年金法対策webトップページへ