社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成22年 国民年金法 択一式 第8問 問題

  1. 被保険者がその資格を取得した日の属する月にその資格を喪失したときは、その月を1か月として被保険者期間として算入するが、その月にさらに被保険者の資格を取得したときは、後の被保険者期間のみをとって1か月として算入する。(H22-8A)
  2. 被保険者の種別ごとに被保険者期間を計算する場合には、被保険者の種別に変更があった月は、変更後の種別の被保険者であった月とみなし、同月中に2回以上の種別変更があったときは、その月は最後の種別の被保険者であった月とみなす。(H22-8B)
  3. 年金給付の支払い時に端数が生じたときは、50銭未満の端数が生じたときは、50銭未満の端数は切捨て、また、50銭以上1円未満の端数は1円に切り上げられる。(H22-8C)
  4. 年金給付の支給を停止すべき事由が生じたときは、その事由が生じた日の属する月の翌月からその事由が消滅した日の属する月までの分の支給を停止する。ただし、これらの日が同じ月に属する場合は、支給を停止しない。(H22-8D)
  5. 厚生労働大臣が老齢基礎年金の受給権を裁定した場合において、その受給権者が老齢厚生年金の年金証書の交付を受けているときは、当該老齢厚生年金の年金証書を当該老齢基礎年金の年金証書とみなす。(H22-8E)





平成22年 国民年金法 択一式 第8問 解答・解説


  1. (法11条1項、2項)設問のとおりです。同一月に取得・喪失がある場合は、後の資格取得に係る期間のみをもって、1か月の被保険者期間として算入します。2ヶ月分とはなりません。

  2. (法11条の2)設問のとおりです。同月内に2回以上にわたって被保険者の種別に変更があったときは、その月は最後の種別の被保険者であった月とみなされます。
  3. ×
    (国等の債権債務等の金額の端数計算に関する法律2条)年金給付の各支払期月ごとの支払額(2ヶ月に1回振込される年金額)に1円未満の端数が生じた場合は、切り捨てとなります。

  4. (法18条2項)設問のとおりです。

    2  年金給付は、その支給を停止すべき事由が生じたときは、その事由が生じた日の属する月の翌月からその事由が消滅した日の属する月までの分の支給を停止する。ただし、これらの日が同じ月に属する場合は、支給を停止しない。

  5. (則65条2項、3項)設問のとおりです。そのため、老齢年金の証書は原則として1枚のみ交付されます。厚生年金、国民年金それぞれで交付されるわけではありません。


社労士試験年金法対策webトップページへ