社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成22年 国民年金法 択一式 第7問 問題

  1. 日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の在外邦人は、申出をした日に任意加入被保険者の資格を取得する。(H22-7A)
  2. 日本国内に住所を有しない20歳以上60歳未満の在外邦人で任意加入していない者が第2号被保険者の被扶養配偶者になったときは、その日に第3号披保険者の資格を取得する。(H22-7B)
  3. 日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の在外邦人で任意加入している者が保険料を滞納したとき、保険料を納付することなく2年経過した日に被保険者資格を喪失する。(H22-7C)
  4. 日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の在外邦人で任意加入している者が日本国籍を失ったとき、その翌日に被保険者資格を喪失する。(H22-7D)
  5. 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の任意加入被保険者が、日本国内に住所を有しなくなった日に第2号被保険者に該当するに至ったときは、その日に第1号被保険者の資格を喪失し、その日に第2号被保険者の資格を取得する。 (H22-7E)





平成22年 国民年金法 択一式 第7問 解答・解説


  1. (法附則5条3項)設問のとおりです。

    法附則5条3  前項(第一項第三号に掲げる者にあつては、同項)の規定による申出をした者は、その申出をした日に被保険者の資格を取得するものとする。

  2. (法8条5号)設問のとおりです。第3号については、国内居住要件が問われないため、適用されます。
  3. ×
    (法附則5条9項)2年経過した日ではなく、2年経過した日の「翌日」に被保険者資格を喪失します。

  4. (法附則5条9項)設問のとおりです。

    法附則5条9  第一項第三号に掲げる者である被保険者は、第六項の規定によつて被保険者の資格を喪失するほか、次の各号のいずれかに該当するに至つた日の翌日(その事実があつた日に更に被保険者の資格を取得したときは、その日)に、被保険者の資格を喪失する。
    一  日本国内に住所を有するに至つたとき。
    二  日本国籍を有する者及び第一項第三号に規定する政令で定める者のいずれにも該当しなくなつたとき。
    三  被扶養配偶者となつたとき(六十歳未満であるときに限る。)。
    四  保険料を滞納し、その後、保険料を納付することなく二年間が経過したとき。
  5. ×
    (法附則5条7項)任意加入被保険者であるため、第1号被保険者の資格を喪失するのではなく、任意加入被保険者の資格を喪失します。


社労士試験年金法対策webトップページへ