社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成20年 国民年金法 択一式 第8問 問題

  1. 保険料その他国民年金法の規定による徴収金については、期限を指定して督促をした場合でも、時効中断の効力は生じない。(H20-8A)
  2. 障害基礎年金の受給権者が63歳の時点で、厚生年金保険法に規定する障害等級に該当する程度の障害の状態に該当しなくなった日から起算して3年を経過していたときは、その時点で当該障害基礎年金の受給権が消滅する。(H20-8B)
  3. 故意に障害を生じさせた者の当該障害については、これを支給事由とする障害基礎年金の全部又は一部を支給しないことができる。(H20-8C)
  4. 厚生年金保険の被保険者が19歳であって、その被扶養配偶者が18歳である場合は、当該被保険者が20歳に達したときにその披扶養配偶者は第3号披保険者の資格を取得する。(H20-8D)
  5. 遺族基礎年金の受給権者が、国民年金の第2号被保険者になっても、その遺族基礎年金の受給権は消滅しない。(H20-8E)





平成20年 国民年金法 択一式 第8問 解答・解説

  1. ×
    (法102条5項)督促は時効中断の効力を有します。
  2. ×
    (法35条)65歳に達するまでは、受給権は消滅しません。
    厚生年金保険法に規定する障害等級1級から3級に該当する程度の障害状態に該当しなくなった日から起算して3年を経過したときに失権しますが、65歳未満であるときを除きます。
  3. ×
    (法69条)「支給しないことができる」の部分が誤りです。正しくは「支給しな
    い」です。障害年金を目的にわざと障害を負った場合には、支給されないということです。

    第六十九条  
    故意に障害又はその直接の原因となつた事故を生じさせた者の当該障害については、これを支給事由とする障害基礎年金は、支給しない。
  4. ×
    (法8条)3号は、20歳からの制度です。被保険者が20歳に達したときは、まだ被扶養配偶者は19歳であり、3号になることはできないため誤りとなります。

  5. (法40条)設問のとおり、受給権は消滅しません。失権事由には設問のような条件はありません。


社労士試験年金法対策webトップページへ