社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成20年 国民年金法 択一式 第5問 問題

  1. 遺族基礎年金の支給に当たり、被保険者又は被保険者であった者の死亡の当時、その者と生計を同じくしていた妻又は子であって、年額850万円以上の収入又は年額655万5千円以上の所得を将来にわたって得られないと認められる者は、当該被保険者又は被保険者であった者によって生計を維持していたと認められる。(H20-5A)
  2. 大正15年4月2日から昭和41年4月1日までの間に生まれた者であって、65歳に達した日において、合算対象期間といわゆる学生納付特例による被保険者期間を合計した期間が25年あり、かつそれ以外の被保険者期間はすべて保険料未納期間である者が、振替加算の要件に該当する場合は、振替加算相当額の老齢基礎年金が支給される。(H20-5B)
  3. いわゆる基準障害の規定による障害基礎年金は、所定の要件に該当すれば受給権は発生するため、当該障害基礎年金の請求は65歳に達した日以後でも行うことができるが、支給は当該障害基礎年金の受給権が発生した月の翌月から開始される。
    (H20-5C)
  4. 国民年金法において、政府は、社会保障制度に関する国会の審議を踏まえ、社会保障制度全般について、税、保険料等の負担と給付の在り方を含め、一体的な見直しを行いつつ、これとの整合を図り、公的年金制度について必要な見直しを行うものとされている。(H20-5D)
  5. 昭和36年5月1日以後、20歳に達した日の翌日から65歳に達した日の前日までの間に日本の国籍を取得した者について、日本国内に住所を有していた20歳以上60歳未満の期間で日本国籍を取得していなかった等のために、国民年金の被保険者となれなかった期間のうち、昭和36年4月から昭和56年12月までの期間は合算対象期間に算入される。なお、この者は被用者年金制度に加入したことはないものとする。(H20-5E)





平成20年 国民年金法 択一式 第5問 解答・解説


  1. (法37条の2第3項、令6条の4)生計維持の条件は原則として、
    @生計を同じくしていたこと
    A収入が850万円未満であること
    の両方を満たす必要があります。

  2. (S60法附則15条1項、2項)設問のとおりです。実務的にはこのようなケースは皆無です。
  3. ×
    (法30条の3第3項)はじめて2級とよばれる、基準障害による障害基礎年金についての設問です。
    前半部は設問のとおり、65歳以降でも請求できます。
    後半部について、支給は請求の翌月分からとなるため誤りです。

  4. (H16法附則3条1項)設問のとおりです。

    (H16法附則3条1項)
    政府は、社会保障制度に関する国会の審議を踏まえ、社会保障制度全般について、税、保険料等の負担と給付の在り方を含め、一体的な見直しを行いつつ、これとの整合を図り、公的年金制度について必要な見直しを行うものとする。

  5. (S60法附則8条5項10号)設問のとおりです。昭和56年12月31日までは、外国人等については、国民年金の適用除外とされていました。そのため、その期間については合算対象期間となります。


社労士試験年金法対策webトップページへ