社会保険労務士試験国民年金法・厚生年金保険法の過去問と解説を掲載しています

年金オンラインです
トップページ | 年金について | 法案成立状況 | 管理人 | リンク | お問い合わせ 

社労士試験年金法対策web

平成20年 国民年金法 択一式 第1問 問題

  1. 死亡一時金の額は、死亡日の属する月の前月までの第1号被保険者としての被保険者期間に係る死亡日の前日における付加保険料に係る保険料納付済期間が3年以上である者の遺族に支給される場合、8,500円が加算されるが、脱退一時金の額は、付加保険料を3年以上納付している者に対して支給される場合であっても別途加算されることはない。(H20-1A)
  2. 障害基礎年金の受給権者(被保険者又は被保険者であった者であって老齢基礎年金の受給権を有しないものとする。)は、厚生労働大臣の承認を受け、保険料の免除の規定により納付することを要しないものとされた保険料(承認の日の属する月前10年以内の期間に係るものに限る。)の全部又は一部について、追納することができる。ただし、その一部の額につき納付することを要しないものとされた保険料については、その残余の額につき、納付されたときに限られる。また、老齢基礎年金の受給権者は、追納することができない。(H20-1B)
  3. いわゆる20歳前の障害に基づく障害基礎年金は、受給権者の前年の所得が一定の額を超えるときは、原則として、その年の8月から翌年の7月まで、政令で定めるところにより、その全部又は2分の1(子の加算額が加算された障害基礎年金にあっては、その額から子の加算額を控除した額の2分の1)に相当する部分の支給が停止される。(H20-1C)
  4. 65歳に達している者の老齢基礎年金と遺族厚生年金、老齢基礎年金と障害厚生年金は、いずれも併給することができる。(H20-1D)
  5. 年金の支給を停止すべき事由が生じたにもかかわらず、その停止すべき期間の分として年金が支払われたときは、その支払われた年金は、その後に支払うべき年金の内払とみなすことができる。(H20-1E)





平成20年 国民年金法 択一式 第1問 解答・解説


  1. (法52条の4第2項、S60法附則94条)設問の通り、死亡一時金のについては付加保険料を3年以上納付すると加算がありますが、脱退一時金には、このような加算はされません。

  2. (法94条1項)設問のとおりです。
    障害基礎年金の受給権者 → 追納可能です
    老齢基礎年金の受給権者 → 追納できません

  3. (法36条の3第1項)設問のとおりです。 20歳前に初診日のある障害基礎年金については、所得制限があります。保険料を支払っていないときに初診があるからです。子の加算額がある場合の1/2停止は、子の加算部分については調整されません。
  4. ×
    (法20条1項)
    老齢基礎年金+遺族厚生年金 → 併給されます
    老齢基礎年金+障害厚生年金 → 併給されません

  5. (法21条2項)設問のとおり、内払とみなすことができるため、例えば10万円が過払いとなった場合には、次に支払われる年金が15万円であったとすると、15万円から10万円が差し引かれて、5万円が支払われることになります。


社労士試験年金法対策webトップページへ